アイドル・芸能人グッズ業界について

当社がよって立つアイドル・芸能人グッズの市場について。今どのような環境にあるのか、顧客、従業員、投資家、採用希望者をはじめとするステークホルダーの皆様にデータを踏まえてお伝えしておきたいと思います。

サブカルチャー市場

まず、サブカルチャー全体について見てみます。
野村総合研究所の調査で、サブカルチャー市場の規模がわかります。
2005年の時点で、サブカルチャー市場は4,110億円と大きな規模に育っています。

サブカルチャー市場の規模
分野 人口 金額
コミック 35万人 830億円
アニメーション 11万人 200億円
芸能人 28万人 610億円
ゲーム 16万人 210億円
組立PC 19万人 360億円
AV機器 6万人 120億円
携帯型IT機器 7万人 80億円
自動車 14万人 540億円
旅行 25万人 810億円
ファッション 4万人 130億円
カメラ 5万人 180億円
鉄道 2万人 40億円
合計 延べ172万人 4,110億円

マニア消費者市場を新たに推計、04年は主要12分野で延べ172万人、4,110億円規模
~「オタク層」を5タイプに分類、マーケティングフレーム「新3C」も提案~
(2005年10月6日) https://www.nri.com/jp/news/2005/051006_1.html
出典「株式会社野村総合研究所」

アイドル・芸能人市場

次に、サブカルチャーの中のアイドル・芸能人部門について見てみます。野村総合研究所の調査では、アイドル・芸能人部門の市場規模は、2005年の時点で610億円となっています。
また、同研究所は、下図のように「アイドル市場」について(2005年時点で)これから成長を迎える分野として位置づけています。
オタク市場

マニア消費者市場を新たに推計、04年は主要12分野で延べ172万人、4,110億円規模
~「オタク層」を5タイプに分類、マーケティングフレーム「新3C」も提案~
(2005年10月6日) https://www.nri.com/jp/news/2005/051006_1.html
出典「株式会社野村総合研究所」

別の調査が、アイドル・芸能人市場の成長性を示しています。
矢野経済研究所の調査です。それによれば、2013年度の「アイドル市場」は前年度比19.9%増の863億円となっています。

https://www.yano.co.jp/market_reports/C56116100
出典 矢野経済研究所「クール・ジャパンマーケット/オタク市場の徹底研究 2014」 (発刊日:2014/10/31)

アイドルグッズ市場

アイドルグッズ市場は、コレクター系と現場系(追っかけ)とに分けられます。 当社が対象にしているのは、コレクター系です。 コレクター系の金額ベースの割合を60%と仮定すると(低く見積もっています)、その規模は518億円となります。 以上の点から、規模、成長性ともに有望な市場であることがわかると言えます。